Misc‎ > ‎

Emacs wiki

A small how to of emacs-wiki

...まだ不完全です。すみません。

emacs-wikiって?

インストール/設定

書式

原稿執筆環境としての雑感 (RDとの比較)

emacs-wikiが想定している書式について、「こりゃ、RDと違うなぁ」と感じた点は、次の3点でした。

  • htmlタグを利用できる
  • テーブルが書きやすい
    • これは便利。
  • 文献参照は、番号を経由して行なう
    • 参照している文献をちゃんと記述しているか、また、 記述されてる文献は本当に参照されているのか、といった点は、把握しにくい
    • 複数のポイントから、一つの文献を指すことができるので、便利
  • リストを入れ子構造にできない
    • これは、ダメですね。emacs-lispでparseするコードをスマートに 記述しづらい、というのはとってもわかるんだけど、 利用する立場から言うと、これのおかげで利用するのを見合わせるぐらい、 大きな欠点です。
  • 引用はタグでくくる必要がある
    • RDなんかだと、頭の2文字がスペースのときにはpreタグで 囲んでくれたりしますが、emacs-wikiではverbatimタグで 囲んでやらないといけない。

以上を除けば、詳細を除いて、RDと同じ利点を亨受することができます。僕の考えるRDの利点とは、

  • 特別な環境 (daemon, server, software)を利用せずとも作成することができ、
  • テキストの時点で実現で、htmlへ変換したときと同様の見た目があるという点です。

ほとんどのwikiフォーマットは、もちろん前者の点では合格なのですが、後者の点で、満足できないものでした。そのときにRDを見て衝撃をうけ、 RDでドキュメントを書くようになったのがこれまででした。

RDの不利な点は、上記のようにhtmlタグやテーブルの点に加え、htmlへ変換する rd-toolsをインストールするのに、多少手間がかかる点です。